360Web

360Webは、シーンの「見せ方」と「残し方」を新しい形でご提供いたします。
360Web
360Webは、シーンの「見せ方」と「残し方」を新しい形でご提供いたします。

パノラマビューワー、360Webとは

撮影した写真をつなぎ合わせ全方位パノラマ写真を生成し、上下左右360°すべての角度から見渡せるようにします。さらにその全方位パノラマ写真とフロアーマップを連携させ、自由に"シーン"移動ができる仕組みをご提供するサービスです。全方位パノラマを自由に歩き回ってもらい、今まででは表現が難しかったその"シーン"の雰囲気や臨場感、全体像をユーザーに直感的にイメージさせましょう!

制作実績・制作事例

GRANSTA (in Tokyo Station)
鉄道会館様
Bar KIMURA (in Ebisu)
Dockyard Garden
(in Yokohama)
Bay Quarter
(in Yokohama)
Aka Renga
(in Yokohama)
ごあいさつ (in Kagurazaka)

プラスαの見せる仕組み

360Webはアピールしたい商品をさらに詳しくお見せすることが可能です。
例えば...ユーザーにもっと見てもらいたいポイントを動画や画像で表示したり、
昼や夜で雰囲気が変わるようなシーンでも自由に状況変更ができるのでユーザーのさらなる想像力をかきたてることができます。
PR動画
アピールしたい箇所に動画を埋め込み流すことができます。動画がない場合、オリジナルPVの作成も承ります。
PR動画
PR画像
アピールしたい箇所を詳細画像で表示し説明文等を加えることができます。
PR画像
カラーインタラクティブ
壁や床などの色味を変更して全体の雰囲気が変わった場合のイメージを伝えることができます。
※実際にはない色味を表現します。
カラーインタラクティブ
ナイトシーン
朝/昼/夜でシーンの雰囲気の違いを伝えることができます。
ナイトシーン
パーシャルパノラマ
見せたくない部分を移動できないように制御することができます。
パーシャルパノラマ
ディレクションポイント
パノラマ上で移動できる方向にアイコンを置く事ができます。
ディレクションポイント
Map連携
パノラマビューとフロアーマップの連携も可能です。
Map連携
アニメーション
パノラマ内の人物にアニメーションを加えることも可能です。
アニメーション
オリジナルPV
オリジナルPV
必要に応じてプライベートビデオを作成することも可能です。
必要に応じてプライベートビデオを作成することも可能です。
オリジナルPV

画像処理

パノラマの画質にもとことんこだわりがあります。

HDR処理

 通常、画像は明るいところと暗いところを同時に表現することができません。そのため、明るい部分に合わせて露出を調整すると暗いところは真っ黒に潰れ、逆に暗い部分に合わせると明るいところは白く飛んでしまいます。
 一方私たちの眼は、視線の先に合わせ明るさを調整し続けながら認識するため、意識の上でそれぞれの部分を適性な露出で見たものと記憶します。この眼の感覚に近い画像に加工することがHDR処理です。異なる露出の撮影し、それらの画像を重ね合わせると、まるで眼で見たかのような鮮明な画像に仕上げることができます。

比較明コンポジット処理

 露出を長くすることにより暗い所でも撮影が可能ですが、それが原因でノイズ(画像のザラザラ感)が発生してしまいます。 この現象を回避するために同一露出、同一ポジションで複数回撮影を実施し、それらを合成することでノイズの除去を実施します。

Contact お問合せ

お見積り・お問い合わせはこちらから
お問合せは月~金 9:30~18:30